*このページはプロモーションが含まれています
記事作成日:2024.05.11
記事出典:産経新聞

財務省「円安が解消しないのはGoogleやAppleなどの海外ITサービスに利用料払ってる日本国民や企業のせいです!」

image
画像出典:TBS
1名無しさん
このレスにコメントする
財務省が10日発表した令和5年度の国際収支速報で、日本の「デジタル赤字」が常態化している構図が浮き彫りとなった。米グーグルや米アマゾン・コムなど海外の巨大ITのサービスへの依存度が高く、これらの企業へのドル建ての支払いが膨らんでいるためだ。日米金利差の開きと並び、歴史的な円安をもたらす大きな要因となっている。

デジタル赤字とは、日本の企業や個人がGAFAなど海外の巨大IT企業が提供するデジタルサービスの利用によって生じた赤字のことです。毎年拡大を続け、昨年度は5.4兆円に膨らみました。

さらに、このデジタル赤字。円安に拍車をかけてしまうおそれもあります。というのも、海外企業に利用料を支払うためには持っている円を売ってドルに換える必要があるからです。

先週、一時1ドル=160円をつけた34年ぶりの歴史的な円安。海外のデジタルサービスに依存し続ける限り、抜け出せない構造となってしまっています。

GAFAに対抗できる日本のデジタルサービスをいかに育てるか。お金の流出を食い止めるための大きな課題です。


https://article.auone.jp/detail/1/3/6/333_6_r_20240511_1715369242365787

評価の高い意見(高評価順)

21名無しさん
このレスにコメントする
散々規制かけて日本のサービス潰しておいて今更何を言う
4
100%
0
43名無しさん
このレスにコメントする
「2位じゃダメなんですか?」の答え合わせだな
4
100%
0
1002名無しさん
このレスにコメントする
30年前って、ウインドウズ95の頃なんよ。
ヘロン→マイクロソフトにやられる。
一太郎と花子→WordとExcelにやられる。
富士通とNEC→AppleとGoogleにやられる。
日立とシャープ→SamsungとLGにやられる。
全部、官僚どもの無為無策のせいなんよ!
3
100%
0
1001名無しさん
このレスにコメントする
自分たちの無能さを他責すんな、失われた30年とやらはそもそも「その30年前にはとっくに指摘されてた」事だろうが!で済む話、有名大学とやらを出てその程度なら居ない方がマシ「税金泥棒」の誹りは甘んじて受け入れろ
3
100%
0
1003名無しさん
このレスにコメントする
お前ら取ることしか考えてない無能官僚が仕事しないからだろうがw
2
100%
0
3名無しさん
このレスにコメントする
なるほどね
日本詰んでるね
1
100%
0
5名無しさん
このレスにコメントする
酷い言い訳
1
100%
0
15名無しさん
このレスにコメントする
アホやろ?
初めはITの力でコストカットになる!
とか言ってたんやで

アホやなw
1
100%
0
16名無しさん
このレスにコメントする
NISAを日本株に限定しなかったから米株買ったりオルカン買ったりで
円売りドル買いが起こってると言うじゃん
1
100%
0
19名無しさん
このレスにコメントする
まぁITに乗り遅れるってこういうことだからね…
自業自得しょうがないね
1
100%
0
もっとコメントを読み込む

その他の意見

1004名無しさん
このレスにコメントする
デジタル赤字の五兆円なんて一千兆円超えの赤字国債に比べりゃどって事ないじゃん。
以前から赤字国債出してる国政はどう責任とるんだ。
利権確保はするけど責任とらない官僚自身が国の寄生虫って認識は無いんだよな。
0
0
6名無しさん
このレスにコメントする
事実だぞ
アメリカにジャブジャブ金を流してたら
ひたすら貧乏人になる
0
0
11名無しさん
このレスにコメントする
だって便利なんだもん
0
0
79名無しさん
このレスにコメントする
アメリカ以外のほとんどの国がそうじゃね
日本だけの問題じゃない
0
0
83名無しさん
このレスにコメントする
外国製品使うなとは言えんだろ
言うなら外貨稼げって言うべき
0
0
96名無しさん
このレスにコメントする
なるほど、日本全方位で終ってんな
0
0
114名無しさん
このレスにコメントする
ヨドバシ使ってるよ?
0
0
183名無しさん
このレスにコメントする
日本でwinnyみたいなソフトを開発すると犯罪者にされるからな
0
0
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
2chまとめランキング

この記事にコメントする(その他の意見に追加されます)

最新記事

もっと記事を読み込む

ピックアップ記事

相互アンテナサイト一覧