*このページはプロモーションが含まれています
記事作成日:2023.09.29
記事出典:PRESIDENT

【医師も否定的】認知症進行を遅らせる新薬「レカネマブ」(390万円)、自己負担14万円との差額による「社会保険料の急騰で現役世代は死ぬ」

image
画像出典:TBS
1名無しさん
このレスにコメントする

アルツハイマー病の進行を遅らせるとされる新薬「レカネマブ」。年内にも公的医療保険が適用され、患者への投与が可能になる見通しとなった。価格は年390万円(2万6500ドル)だが、高額療養費制度があるため、患者の自己負担は年約14万円が上限(70歳以上の一般所得層)。認知症患者約600万人のすべてに投与されるわけではないが、公費の大幅増は必至だ。

医師の筒井冨美さんは「日本の社会保障制度を破綻させかねないリスクがある」という――。


■認知症新薬は画期的なのか?
2023年9月25日、厚生労働省は大手製薬企業「エーザイ」が米国企業と共同開発した新薬「レカネマブ」について、
国内での製造販売を了承したことが発表された。
これは、認知症全体の6~7割を占める「アルツハイマー病」に対する治療薬であり、年内にも公的医療保険が適用されて、
患者への投与が可能になる見通しとなった。

■SNSは疑問と反発だらけ
 一方、SNSコメントは疑問と反発だらけである。X(旧ツイッター)で「レカネマブ」を検索すると

「アルツハイマーの進行を27%遅らせるが治らない」
「要介護期間が延びるだけ」
「高齢者の少しの長生きのために、若者の1年間の稼ぎ丸々投じる勢い」
「社会保険料アップは不可避、現役世代は死にますね」

など、画期的な新薬にもかかわらず、医師・非医師を問わず歓迎コメントはほとんど見当たらない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/367478aea5bd7537e9e253bbbd97d4111029eb76

その他の意見

4名無しさん
このレスにコメントする
キシダ「増税に決まってるだろ」
0
0
5名無しさん
このレスにコメントする
ボケ老人が死ぬか
現役世代が死ぬかの二択
0
0
71名無しさん
このレスにコメントする
>>5
奴隷の現役世代よりも国民の老人を助けるのは当たり前だろ、奴隷は黙って働いとけば良いんだよ。
0
100%
1
6名無しさん
このレスにコメントする
必要なのかこれ?
0
0
9名無しさん
このレスにコメントする
高所得な高齢者が、低所得な高齢者の負担すればいい
0
0
28名無しさん
このレスにコメントする
>>9
ほんとこれだよな
0
0
10名無しさん
このレスにコメントする
こんな効果の無いものに大金使うとか気が狂ってる
1
100%
0
18名無しさん
このレスにコメントする
飲ませたって働いて納税できる訳じゃないしな
自分の金で買えよ
1
100%
0
33名無しさん
このレスにコメントする
70以上は保険適用外にすればいんでね?若年に効くならそれは助けたいけど
0
0
40名無しさん
このレスにコメントする
>>33
症状を遅らせることは、家族を助けることにもなるんだが。
0
0
45名無しさん
このレスにコメントする
上下の支え合いはもう無理よ。横の支え合いを考えてくれ。年寄り金持ってるだろ?
2
100%
0
46名無しさん
このレスにコメントする
高価な薬は保険適用外にしろ
0
0
58名無しさん
このレスにコメントする
ばかばかしい保険制度があるから、健康な人まで金銭的に被害を受ける
保険は金持ちが儲けるための道具でしかない
0
0
115名無しさん
このレスにコメントする
>>58
保険制度は馬鹿馬鹿しいけど、金持ちの金を貧民にバラ撒くシステムだろ
貧民なら無くなると困ると思うが
0
0
63名無しさん
このレスにコメントする
その金を介護する側の人たちに配った方がみんな幸せになれる
1
100%
0
70名無しさん
このレスにコメントする
全額自己負担なら使ってもいいよって制度はなかったの?
0
0
89名無しさん
このレスにコメントする
>>70
今までも認可されてない薬を使うのは全額自己負担でした
これは国が認可したから国が負担するだけ
今回が特別な話じゃないです
0
0
104名無しさん
このレスにコメントする
高額すぎるな
もっと安値にならない限り認証するべきではない
0
0
152名無しさん
このレスにコメントする
これ医者も費用対効果が悪すぎるって反対してるのに製薬会社以外誰が得するの?
0
0
153名無しさん
このレスにコメントする
>>152
厚労省の役人
0
0
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
2chまとめランキング

この記事にコメントする(その他の意見に追加されます)

最新記事

もっと記事を読み込む

ピックアップ記事

相互アンテナサイト一覧